【燃料高騰が止まらない】減税したらガソリン代が年間いくらかになるか検証してみた

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
vanlifediy-diyキャラバン ガソリン高 簡易キャンパー・お役立ち情報
スポンサーリンク

私ズナスケは、愛車キャラバンマルチベッド仕様で車中泊を趣味としているブロガーです。

そんな車中泊旅どころか、日常生活にまで影響しているガソリン高

ガソリン高が止まらない現状が続き、過去最高を更新したタイミングの2023年8月31日にJAFが政府や行政機関に対し、庶民の声を代弁してくれ入れるような要望をしてくれました。

その内容とはガソリン税に関する要望です。

現在、政府はガソリン高に対し補助金という形で、元請業者に対応していますがこれも財源は税金です。

JAFは補助金ではなく、税金の減額を求めています。

JAFについての詳しいサービス内容はこちらの記事で紹介しています

この記事を読むことによって、JAFがなぜ減税を求めているのか?

また、減税の内容やトリガー条項が発動されたことによって、どの位ガソリン価格が安くなるのかが分かります。

ついでなので、実際に税金部分が減額され、ガソリン代が安くなった場合の1年間を通した維持費を、実際に私が乗っているキャラバンのガソリン代に置き換え現状と比較検証します。

JAFが政府に要望した内容とは

ガソリン価格の高騰を受けJAF(一般社団法人自動車連盟)は次のような要望を出しました。

  1. ガソリン税等に上乗せされ続けている「当分の間税率」を廃止すべき。
  2. ガソリン税に消費税が課税されている「Tax on Tax」という不可解な仕組みを解消すべき。

この2点について政府に要望しています。

1の「当分の間税率」とは、道路整備の財源不足を理由に1974年に、ガソリンに対して25.1円の暫定的に特例税率が課せられ、さらに2010年度の税制改正で従来の課税水準が一部を除き「当分の間」維持されることになったものです。

そのため、ガソリン価格には現在も暫定税率が課されています

JAFはロードサービスを行う会社

2の「Tax on Tax」とは2重課税のことで、ガソリン本体に対してガソリン税等が課せられている上に、さらに消費税までもが加算されている実情がります。

安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら

この自動車ユーザーが到底納得できない不可解な仕組みを解消すべく、JAFは政府に対し要望を出したということです。

トリガー条項について

2007年度末に暫定税率の期限が切れたところを、当時の民主党政権が財源不足を理由にこれを延長する法案を作り、2008年に再び暫定税率が復活することとなりました。

さらに2010年に ガソリン価格高騰時の救済策として、トリガー条項を作りました。

トリガー条項とは、ガソリン価格 が1Lあたり160円 を3ヶ月連続で超えた際、25.1 円部分の暫定税率に対し課税を停止 させる仕組みです。

ガソリン高にはトリガー条項の発動が必要

しかし、翌年に発生した東日本大震災の復興財源の確保に充てるため、トリガー条項の発動は凍結されました。

そして租税特別措置法が改正され、期限を定めずに当分の間、特例税率としてガソリン1リットルあたり53.8円が維持されることになった経緯があります。

税金部分の内訳単価(円)
ガソリン税28.7
暫定税率25.1
合計53.8
ガソリン価格の税金部分の内訳

ガソリンの税金はガソリン税+暫定税率によって成り立っています。

このうちの暫定税率部分の25.1円が当分の間税率という暫定的な上乗せ部分。

ガソリン税の内訳について

ガソリン税の内訳単価(円)
揮発油税23.5
地方揮発油税5.2
合計28.7
ガソリン税の内訳

そもそもガソリン税も2つの税があり

  • 揮発油税
  • 地方揮発油税

から成り立っています。

これに暫定税率25.1円を足した53.8円という金額が税金として、ガソリン代には加算されています。

暫定税率は2009年3月31日までは、国と地方の道路特定財源として使われていました。

道路特定財源は他に自動車取得税や軽油引取税や自動車重量税がありますが、これらの税金も2008年3月31日をもって一旦失効しましたが、再び暫定税率が復活し、2008年5月に再び再増税になっています。

しかもこの時、以前は道路整備の財源不足を理由に延長していたのにもかかわらず、一般財源に組み込まれました

結構とんでもない話だと思いませんか?

だからこそ、この暫定税率部分に対しトリガー条項を発動し、減税してもらいたいとJAFも自動車ユーザーも訴えているのです。

安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら

政府は現在、原油価格高騰を受け、石油元売り会社などに支給していてガソリン価格は抑えられていますがバラまきにすぎず、どこまで補助金が国民に転嫁されているのか実感が湧きません。

ガソリン価格の内訳について

1Lあたり税込180円のガソリン代を例として検証します。

2023年もガソリン高が止まらない現状がある

実際ガソリン代が180円だとして、このうち約70円が税金として課せられています。

ガソリン価格の内訳単価(円)
ガソリン本体110.2
ガソリン税28.7
暫定税率25.1
消費税16
合計180
ガソリン価格の内訳

もし、トリガー条項が発動された場合

暫定税率を無くした場合単価(円)
ガソリン本体110.2
ガソリン税28.7
消費税13
合計151.9
暫定税率を無くした場合のガソリン代

トリガー条項が発動されれば、暫定税率部分の25.1円の課税がなくなり、ガソリン価格は151.9円となります。

現行価格との差単価(円)
税込現行価格180
暫定税率を無くした場合151.9
合計▲ 28.1
暫定税率を無くした場合の価格差

暫定税率が無くなれば1L当たりのガソリン代の差額が、消費税も加味すると151.9円となり180円から28.1円安くなる計算となります。

ガソリン税を無くした場合単価(円)
ガソリン本体110.2
消費税11
合計121.2
ガソリン税を無くした場合のガソリン代

もっと粗っぽく検証してみましょう。

そもそも暫定税率部分は一般財源化されている訳ですし、この際ガソリン税を全て無くした場合はどうでしょう?

現行の180円から121.2円まで下がります。

現行価格との差単価(円)
税込現行価格180
ガソリン税を無くした場合121.2
合計▲ 59
ガソリン税を無くした場合の価格差

消費税のみの負担となりその差は59円となります。

本来は、こうであってほしいものです。

ガソリンの減税にはトリガー条項が不可欠

減税した場合の維持費の比較

2023年8月末価格の1Lあたりのガソリン代を、税込180円を例として維持費の検証

キャラバンで1年間に1万km走行したとして暫定税率を無くした場合のガソリン代の試算をしてみます。

現在は道路特定財源でなくなって一般財源であるし、特定財源のときも使途の限定はあるが、特定の目的のために課税するとされていなかったことから目的税ではなかった。

この実情から、ガソリン税そのものを不要とし、ガソリン税を無くした場合でシミュレーションしてみましょう。

尚、消費税は発生したとして検証します。

暫定税率を無くした場合

車種燃費/L距離/km消費量/L単価/円総額/円月額/円
現行価格7100001,429180257,14321,429
暫定税率無し7100001,429151.9217,00018,083
維持費の差    ▲28.1▲ 40,143▲ 3,345
暫定税率を無くした場合の1年間のガソリン代の比較

1年間で10000km走ると想定すると暫定税率を無くした場合は、年間40,143円の差となります。

月に計算すると3,345円の差額となります。

暫定税率部分だけで40,000円もの税金を払っています。

物価高もありこの差額は大きい。

ガソリン税を無くした場合

キャラバンで1年間に1万km走行したとしてガソリン税を無くした場合の試算

車種燃費/L距離/km消費量/L単価/円総額/円月額/円
現行価格7100001,429180257,14321,429
ガソリン税無し7100001,429121.2173,14314,429
維持費の差    ▲ 59▲ 84,000▲ 7,000
ガソリン税を無くした場合の1年間の維持費の比較

ガソリン税そのものを無くした場合には、同じ走行距離であっても年間84,000円もの差が生まれます。

月に計算すると7,000円の差額となります。

つまり、この部分がすべて税金部分。

ガソリン高は日常生活を直撃

ガソリン税の多さにびっくりさせられます。

10年乗ると840,000円も税金部分だけで支払う計算になります。

まとめ

いかがでしたか?ガソリンの高騰は他人ごとではありません。

確かにクルマに多く乗る人が多く支払いをしていますので、直接ダメージを受けているのは、実際にクルマに乗る人です。

しかし、物流に係る人たちもガソリンを使用します。

ガソリン高はいずれ物流コストとして販売価格に転嫁されます。

農業でもそうです。

田植え機や耕うん機等の農業機械にも、ガソリンが多く使われています

農業機械にもガソリンを多く使用

米にしても、野菜にしても、果樹も全てガソリン高の影響は、コスト高に繋がり販売価格の上昇へとつながっていくのです。

【工具の買取屋さん】工具・電材・建材・農機具大歓迎!

結局はモノの値段が上がるので、全ての人の生活に影響してきます。

補助金をばらまくだけで、トリガー条項の凍結解除やガソリン税そのものの減税について何の議論もしない政府に対しモノを申したJAFは、まさに国民の声を代弁してくれたありがたい存在です。

そんなJAFを応援していきたいですね!

安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら
JAF会員には優待施設がある

今回はそんなガソリン税について詳しく知って頂く、いい機会だったので取り上げさせてもらいました。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

【工具の買取屋さん】工具・電材・建材・農機具大歓迎!

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました