スポンサーリンク
NV350車中泊blog

ミニバンからの乗り換え簡易キャンパーNV350キャラバンについて

キャラバンはファミリーカーになるの?以前は私自身ミニバンに乗っていて家族で車中泊を楽しんでおりました。乗用車からバンへの乗換えに対しての抵抗はご本人だけでなくご家族の不安もあると思います。実際に乗換えをした私の意見を是非参考にして頂たいと思います。車中泊初心者の方は必見ですよ!
NV350車中泊blog

キャラバンマルチベッド仕様は身長180cmでも寝れる?快適度は?

キャラバンマルチベッド仕様は「身長180cmでも大丈夫?」「ちゃんと寝れる?」「そもそも座れる?」様々な疑問があると思います。結論から申し上げますとギリギリ大丈夫!今回は2人の身長180cmに協力してもらい検証してみました。身長高いけどロールーフ仕様のナローボディで大丈夫かな?と、不安なあなたにピッタリな内容となっています。
バンライフ・車中泊・道の駅

「道の駅うえの」で車中泊は可能?「恐竜博物館」と自然を満喫プランの旅

「道の駅上野」で車中泊は可能か?答えは「仮眠車中泊なら可能」です。そもそも道の駅のような公共駐車場は「休憩施設のため、宿泊目的のご利用はご遠慮します」といったところ・・・つまり、目的が宿泊ではなく休憩のための仮眠であればOKということになります。そのような事情もあり私は仮眠車中泊を推奨します。自然豊かな「道の駅うえの」は、神流町恐竜センターにも近く両方行くことをおススメします。
車中泊グッズ・アイテム紹介

キャラバン激安【エアロワイパー】でスタイリッシュに変身「注意点」を解説

あなたはワイパーブレードの交換は、ゴムだけを交換していますが?セットで交換していますか?DIY好きな人はゴムだけの交換をしているかも知れません。そんなあなたに社外品エアロワイパーのご紹介。ワイパーブレードの本体で交換は非常に簡単でコスパが良いです。私の愛車はNV350キャラバンでエアロワイパーを取り付けたのでレビューさせていただきます。
簡易キャンパー・お役立ち情報

【キャラバンマルチベッド仕様】実際に乗っている人に聞きたい選んだ理由

現在キャラバンマルチベッド仕様に興味があり購入を検討しているあなた。私はキャラバンマルチベッド仕様を購入し3年が経過した現役オーナーです。今回は、そんなキャラバンについての疑問を10問にまとめ、最後にメリットとデメリットについてご紹介します。キャラバンは楽しいクルマ。そんな魅力について様々な角度から検証します。
簡易キャンパー・お役立ち情報

サービスエリアやパーキングエリアは車中泊可能?実は「グレーゾーン」注意点を解説

「仮眠車中泊のススメ」近年、サービスエリアやパーキングエリアでの車中泊マナーが注目を集めていますが、そもそもサービスエリアやパーキングエリアでの車中泊行為については問題ないのでしょうか?実は「グレーゾーン」。場所によっては禁止しているところもあります。実際には「公共の駐車場は休憩目的での仮眠はOK」というスタンス。つまり宿泊という完全な車中泊はお勧めできません。無用なトラブルを避けるために、安全で法的に問題のない範囲での車中泊を行うためのポイントについてご紹介します。
バンライフ・車中泊・道の駅

深夜割引の上手な活用!菖蒲PAで【仮眠車中泊】車中泊「むさしの村」の旅

2024年高速道路の深夜割引に改正がありました。車中泊の旅において深夜割引の利用と車中飯は節約効果も高いので活用することをおススメします。しかし改正後は時間内に通行した分のみが割引対象で今までの、出るか入るかといった内容ではなくなってまったので注意が必要。深夜割引を上手に活用し車中泊、バンライフを行いましょう。
簡易キャンパー・お役立ち情報

あなたは「どう過ごす?」それぞれの【車中泊】楽しみ方と【必要な物】

キャラバン簡易キャンパーで車中泊を趣味としています。車中泊をしてみたいけどどうしたらいいのか分からない。車中泊のメリットとデメリット。車中飯はどうしたらいい?車中泊に必要なものは?どんな楽しみ方があるの?そんな疑問にお答えします。ソロ車中泊や子連れ車中泊を始めてみたい初心者の方も必見です。
バンライフ・車中泊・道の駅

「芝桜まつり」と「いちご狩り」を満喫【道の駅ちちぶ】家族で仮眠車中泊の旅

車中泊初心者にも丁度いい「仮眠泊」の勧め!仮眠泊は、目的の場所に早めに到着し仮眠を取ることによって、渋滞を回避できるどころか疲れも取れるのでおススメ!それはどのような車種でも可能。私の愛車はキャラバンマルチベッド仕様ですが、家族4人旅では、この仮眠泊を上手に使い「休み休み」旅を楽しむスタイル。今回は埼玉県秩父で芝桜まつりと、いちご狩りの旅です。
バンライフ・車中泊・道の駅

息子と二人旅【道の駅こすげ】で車中泊と「フォレストアドベンチャー体験」

久々の【息子と一緒に車中泊】シリーズの舞台「道の駅こすげ」は本格アスレチックが併設された道の駅。車中泊や温泉も楽しめます。車中飯は500Wクラスのポータブル電源と12Vのタケルくん炊飯器を使いご飯を炊きました。1.5合炊きの水の量は300㎖が目安となります。春の肌寒い朝方も電気敷毛布があれば快適でおススメ。
キャラバンDIY

キャラバンの後付けLEDフォグランプは【H11規格】水滴の原因と対策

社外品は保証対象外!キャラバンのフォグランプをハロゲンからLEDに替えて2年経過した所で、フォグランプ水滴問題が発生しました。ディーラーに確認しましたが、社外品を付けてしまっては補償の対象外とのこと。仕方なく自分で原因を確認し対処しましたのでその様子をお伝えします。社外品にはやはり、いざという時保証が無い「覚悟」が必要です!
スポンサーリンク