簡易リクライニングでキャラバンマルチベッド仕様の休憩を快適に!

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
vanlife-diy キャラバンDIY
スポンサーリンク

私は普段NV350キャラバン簡易キャンパー

マルチベッド仕様で車中泊をしたりしています。

NV350キャラバンマルチベッド仕様

あなたはこんな経験は有りませんか?

車中泊や休憩をしているときに

マルチベッド仕様だと

真ん中のマットを外して背もたれに

している方も多いと思います。

しかし背もたれ部分が

直角になってしまうので

もう少し角度が欲しいと思ったことは

有りませんか?

真ん中ベッドは背もたれにもなります

私も普段から思っておりました。

長時間だと意外と腰にきますよね?

そこでシートの背もたれに

角度を付けようと思い

アタッチメントを自作しました。

この記事を読むとこんなことが分かります。

マルチベット仕様の方は必見ですよ!

用意するもの

用意する部材

100均で全てそろいます。

  • ドアなどにぶら下げる簡易フック×4個
  • すき間テープ×一巻(3mm×1mm×2m)
  • のこぎり
  • ヤスリ

のこぎりやヤスリは家にあればそれでOKです。

作成方法

のこぎりを使い不要な部分をカットします。

ドア用の簡易フックを加工します

黄色の丸印の部分をカットのイメージです。

切った部分に「バリ」が出るので

ヤスリで削ります。

先端のフックの一部は切断しますが

背もたれ部が引っかかるように

必ず少し残しておきましょう。

この同じ作業を繰り返し

左右2か所ずつ計4本作製します。

出来上がったらすき間テープを

すき間テープは滑り止めにもなります

切り取り上下に張り付け完了です。

「簡単ですね!」

フックにすき間テープを貼っていきます

設置場所

最初はL字になっている所を残し

引っ掛ける感じにする予定でしたが

距離が短く背もたれの角度が

あまりつかなかったのでこの形になりました。

角度と幅がピッタリです

しかし結果的に場所は自由に設定が出来るし

角度調整も自由なのでこれで良しとします。

すき間テープは滑り止めの代わりにもなるし

背もたれ部分の自重で座面に跡が付いたり

しないようにクッションにもなっています。

付けた感想

早速座ってみましたが

今までの着座の状態から

ほぼ直角背もたれです。

DIY後の着座状態

角度が付きました「楽です!

「いい感じ!」です。

寄りかかっても押されて下がってしまう

ことは有りません。

すき間テープが滑り止めになっているので、滑ってずり落ちてくることも、ありませんし何より見ての通りさりげないので目立ちません。

ちょっとしたことですが、角度が付くことにより家のソファーに座っているかのように、リラックスができるのです。

腰への負担を考えると座った状態で

まっすぐな背筋や骨盤を保つ直立姿勢が

一番良いのは分かっているのですが・・・

でも実際は直立シートでずっと

同じ姿勢って疲れちゃうんですよね!

そう、同じ姿勢って結局腰に負担が

かかるんです血行にも悪いですしね。

そこでリクライニング代わりに

角度を自由に変えられる

この自作アイテムが役に立ちます。

まとめ

今回のDIYに関しましては

DIYと言えるほどのものでは有りませんが

休憩時にもっとリラックスをしたい

なんて考えている方にはいいと思います。

直角より少し背もたれが下がるだけで

全然快適になります。

ホントにチョットしたこと事なんですけどね

車中泊のように車内での時間が経過すれば

経過するほど有ると便利だと実感します。

キャンピングカーのようにシートが

フカフカではないのでなおさら寄りかかった時に

シートは固く直立姿勢になってしまうので

この「簡易リクライニング」DIY

簡単にできるおススメDIYですので

皆さんも是非お試し下さい。

ご拝読有難うございました。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました