車中泊の旅で【ポータブル電源をDC充電】しながらする旅は可能です!

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
vanlife-diyポータブル電源 バンライフ・車中泊・道の駅
スポンサーリンク

500Wクラスのポータブル電源を使用しているけど、車中泊の旅では容量が少し足りなく残量が不足して使えなくなってしまう・・・

「もうちょっと使えればいいんだけどね・・・」

そんなことを思った経験はありませんか?

「私もそう思います。」

道の駅甲斐大和で仮眠車中泊

走行充電システムを組むほど大掛かりにしたくないし・・・

結論を申し上げますと今あるポータブル電源でも

DC12Vアクセサリーソケット充電器があればちょっとした充電をしながらの旅は可能です。

今回は実際に車中泊の旅をしながら、その検証をしました。

この記事を読むとによって、手軽にできるポータブル電源をDC充電しながら車中泊の旅を快適にする方法が分かります。

ポータブル電源の充電について

私が愛用しているJackery(ジャックリー)

【ポータブル電源BN-RB5-C】

BN-RB5-Cは2022年に「BN-RB62」にモデルチェンジしています。

 BN-RB5BN-RB62
容量(mAh)144000174000
容量(Wh)518626
定格出力(W)500500
最大出力(W)10001000
AC充電時間(h)88.5
DC充電時間(h)1611
サイズ(mm)300×192×193300×192×193
重量(Kg)6.46.5
AC出力2口2口
USB出力3口3口
DC出力1口1口
ポータブル電源の新旧スペック比較

定格出力500W 最大1000W 518whでは

通常ですと一晩の電気敷毛布と炊飯器1回分位にしか使用は出来ません。

BN-RB62モデルでは出力はそのまま、518whから626whへと容量がアップしています。

つまり、より長く使えるようになりました。

充電時間ジャックリーBN-RB5ジャックリーBN-RB62
AC充電時間目安8時間8.5時間
DC充電時間目安16時間11時間
充電時間の目安

家庭用100Vで充電できるACアダプター12Vアクセサリーソケット(シガーソケットともいわれています)が標準装備されております。

今回は車中泊の旅で

12Vのアクセサリーソケット充電器を使い

「実際に充電しながら使えるか?」

「充電が間に合うのか?」

この2点について検証してみました。

前提としては家庭用アダプターでは8時間で充電できますが、シガーソケットだと倍の16時間もかかってしまうので、そもそも効率は悪そうです。

Jackeryのポータブル電源

電力消費量と充電の検証

車中泊スポットは山梨県甲州市にある

「道の駅甲斐大和」

名称道の駅 甲斐大和
所在地山梨県甲州市大和町初鹿野2248
TEL055-348-2571
駐車場普通車用58台  障害者用2台  大型車用7台
売店営業時間 9時00分から18時00分
定休日  毎週水曜日 年末年始
道の駅甲斐大和

1月に入るとグッと冷え込み、この日の車中泊での外気温はマイナス8度

500wクラスのJackery(ジャックリー)ポータブル電源を使い検証です。

ポータブル電源で電気敷毛布を使用

電気敷毛布の消費電力は60Wで一晩使用しました。

結果39%一晩で消費しポータブル電源の残量は61%

DC充電は39wで入力

その後の移動最中に、アクセサリーソケットを使い充電開始

DC充電では39Wの入力で充電をしながら移動します。

持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】

スキー場へ移動しながら充電

道の駅甲斐大和から充電をしながら、カムイみさかスキー場へ移動。

たった数十分の移動でしたが残量が

ポータブル電源で炊飯器を使用

61%→64%に回復しておりました。

3%の回復です!

「効果あり」ですね!

スキー場に着いたら朝食タイムです。

鳥五目ご飯で車中飯

炊飯器で朝ごはん「炊き込みご飯」を作ります。

研いだ白米に水不要で、そのまま入れて使えるお手軽の鶏五目ご飯の素を使用。

鳥五目炊き込みご飯で車中飯

200Wで使用できる炊飯器でご飯を炊きました。

一時間弱で炊きあがりましたが、炊飯器を利用したことで

ポータブル電源のバッテリー残量64%→33%へ減少

寒いとバッテリーの減りも早い

その後、息子とスキーを楽しみました。

vanlifediy-diyキャラバン車中泊ブログ カムイスキー場
息子のスキー場デビュー
世界最速で充電可能なポータブル電源 【EcoFlow(エコフロー)】 公式通販サイト

道の駅花かげの郷まきおか

カムイみさかスキー場でスキーを終えると、スキー場を後にし、温泉へ向かいます。

正月に営業している温泉施設が少なくやっと見つけたところがこちら

山梨県八代郡三郷町にある「みはらしの丘みたまの湯」へ移動しました。

2時間くらい走ったでしょうか?

名称みはらしの丘みたまの湯
所在地山梨県西八千代郡市川三郷町大塚2608番地
TEL055-272-2641
営業時間 10時00分から23時00分
お食事処みはらし亭11時00分から22時00分 ラストオーダー30分前
入湯料金中学生以上大人780円 小学生以下500円 未就学児無料
定休日  年中無休
みはらしの丘みたまの湯

山の上にある温泉施設で、露天風呂から眺める大パノラマがとにかく絶景

泉質はアルカリ性単純温泉。

茶褐色の温泉に入り、ゆっくりスキーの疲れを取りました。

(正月だったので 駐車場も満車で物凄く込んでました)

みたまの湯」から

今度は「道の駅花かげの郷まきおか」へ向かいます。

をしながらまた数時間の充電(多分1時間ちょっと)

DC充電により残量が58%に回復

道中のDC充電で残量33%→58%へ回復

結構回復しましたね!

道の駅花かげの郷まきおか

「道の駅花かげの郷まきおか」では

夕食と仮眠程度の車中泊

名称道の駅  花かげの郷まきおか
所在地山梨県山梨市牧丘町室伏2120
TEL055-335-4780
駐車場普通車用68台  障害者用2台  大型車用9台
売店営業時間 9時00分から17時30分 
定休日  毎週水曜日 
花かげの郷まきおか

ここでちょっと花かげの郷まきおかについてのご紹介

埼玉県秩父方面からのアクセスが可能な立地で、国道140号線の雁坂トンネルから15㎞の場所にあります。

売店のほか、お食事処もあり売店では地域の農産品や、お土産などが購入可能。

ブドウの産地なので時期になるとシャインマスカットや巨峰が並びますよ!

道の駅花かげの郷まきおかから富士山が見えます

ここから見える富士山がとてもキレイ。

もうすぐ日が沈みます。

ポータブル電源で炊飯器を使用夕飯の準備。

ポータブル電源で炊飯器を使用

残量58%→28%へ

夕飯 はカレーライスにしました 。

車中飯カレーライス

車中泊では不思議と何でもおいしく思えます。

この残量だと電気敷毛布は一晩は

使えて4時間程度でしょう・・・

持ちそうも有りません

ですので今回の旅はここまでとします。

少しの仮眠の後

渋滞を避け夜中に帰宅しました。

しかし夕食を外食にすれば一晩分の電気敷毛布使用可能です!

ここは使い方次第ですね!

まとめ

今回の検証の結論としましては、付属のDC充電器でも簡易的な充電ではありますがバッテリー残量を回復させることが可能。

一晩の電気毛布の使用2回の炊飯器の使用が可能でした。

充電をしていなかった場合では足りるか足りないか微妙なところで、ソワソワして楽しめなかったかもしれません。

電源があると車中泊の快適度は飛躍的に上がります

走行中にある程度バッテリー充電量が回復できていたので安心して夕飯を待てました。

検証によりこのような使い方も可能と分かっただけでも今後に生かせそうですね!

とはいえ、家庭での交流100V充電では、8時間で充電可能ですが、アクセサリーソケットを使用したDC充電だと16時間もかかってしまうことを考えると、走行中の充電がいかに効率が悪いのかが分かります。

早いDC充電出ました「エコフローが最強かも⁉ポータブル電源で【DC充電しながら】車中泊の旅の記事は」こちら

ソーラーパネル充電は別売品です。

BH-SP68-Cという型式で24,680円という価格で公式ストアで発売していますが、9.5時間で充電できるのでキャンプ場や災害時には良さそうですね!

今後検討の余地がありそうです。

 BN-RB5BN-RB62BN-RB10
LEDライト(12W)36時間44時間63時間
スマホ充電(15W)29回35回56回
扇風機(30W)14時間17時間25時間
電気毛布(60W)7時間8時間12時間
炊飯器(200W)2時間3時間6時間
使用時間の目安1000Wなら使用時間が倍

一晩の車中泊なら500Wクラスで十分ですが、観光を兼ねて簡易走行充電を使えばもう一食分もカバーできます。

つまり現地でおいしいものを食べて、夕飯は車中飯なんて具合に楽しめます。

言い方を変えれば過度な期待はせず30%程度の回復が可能といったせいぜいその程度の充電となります。

どうしても電力が足りないようであれば、やはりもう1クラス上の1000Wクラスのポータブル電源をおススメします。

あなたの用途に合ったポータブル電源で楽しい車中泊バンライフを!

最後まで読んで下さりありがとうございます。

キャンペーン情報もあるジャックリー公式ストアはこちら

持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】

エコフローポータブル電源の公式サイトはこちら

EcoFlow 公式サイトはこちら
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コメント

タイトルとURLをコピーしました