ポータブル電源ホンダE500とジャックリー500Wクラスの比較

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
車中泊グッズ・アイテム紹介
スポンサーリンク

ポータブル電源ホンダE500と

ジャックリーBN-RB5Cポータブル電源は

のモデル名に同じ5という数字があるので

同じ500Wクラスだと思ちゃいますよね?

「私もそう思ってました」

実は同じクラスではありません

スペックに大きな違いが有るのです。

ホンダリベイドE500は最大で500Wで

ジャックリーBN-RB5Cは最大で1000Wなのです。

vanlifediy-diyキャラバン ポータブル電源
BN-RB5Cは500Wクラスのポータブル電源

ジャックリーは定格出力が500Wで

そちらの方でスペックを表しています。

一見同じクラスかと思いきや

実は別のクラスだったのです。

この記事を読むとポータブル電源の理解とポータブル電源の選び方が分かります。

ポータブル電源の選び方について

車中泊に使えるあなたに最適な

ポータブル電源をNV350キャラバンで

車中泊している私が提案する

賢いポータブル電源選びをご説明します。

まずはスペック表をご覧ください

スペック表
メーカーホンダジャックリージャックリー
モデル名E500BN-RB5CBN-RB37C
重量(㎏)5.36.43.6
容量377518375
最大出力500W1000W400W
定格出力300W500W200W
100V2口2口1口
USB2口2口2口
12V×1口1口
AC充電時間6時間8時間12.5時間
DC12V充電
ポータブル電源スペック比較表

ご覧になると分かると思いますが

ホンダE500ポータブル電源は

ジャックリーのBN-RB37CとBN-RB5Cの

中間モデルだと言う事が分かりますね

ではどれを選べばよいのでしょう?

それはあなたの使い方から考えます。

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】

あなたが使いたい電気の種類は?

その使用したい機器の消費電力が重要です。

例(消費電力は目安で機器により異なります)

  • USB扇風機なら2W程度
  • 電気毛布なら55W程度
  • パソコンなら65W程度
  • LED電球なら100W程度
  • 炊飯器なら200W程度
  • 電気ポットなら800W程度
  • ドライヤーなら1000W程度
  • ホットプレートなら1300W程度
  • エアコンなら2000W程度

目安ですがこれくらいの消費電力が必要になります。

そしてこの数字が使用条件により異なりますが

1時間に消費するおおよその電気の量つまり

「消費電力」となるわけです。

そしてもう一つ

消費電力の他に「起動電力」が重要です。

テレビやパソコンなどは消費電力と

ほぼ一緒ですが冷蔵庫やエアコン

電気ドリルなどは起動時に2~5倍

の電力が必要となります。

これを「起動電力」といいます。

この余裕を考えてポータブル電源

を選ばないと実際にエラーが出て使えない

なんてことになってしまいます。

あなたはどの用途で電気を使いたいですか?

当然ですがポータブル電源も大きければ

大きいほど良いのでは?

という結論になってしまいます。

しかし私の考えとしては実際に

車中泊などで使用するのであれば

基本的に「一晩持てばいい」

という考えで良いかと思います。

コンパクトで持ち運びのしやすいサイズで

いいと思います。

災害時であればそれこそ大容量のモデルが

重宝すると思いますがスペースの限られた

車中泊キャンプで使用するのであれば

大きくても定格1000Wクラスまでで

十分に使えるハズです

限られた電気を有効に使うのも

また車中泊の醍醐味です。

不便を楽しむくらいの余裕がいいと思います。

そう考えればホンダのE500ポータブル電源でも

十分ともいえるでしょう。

E500はレトロデザイン発電機をモチーフにしています
Jackeryのポータブル電源

ホンダのE500ポータブル電源

このポータブル電源のメリットは

さすがのホンダ製です。

何とオプション部品で

並列コードキットが有り

2台つなげると並列運転が出来ます。

つまり倍の出力になります。

ホンダはエンジンモデルにも対応していて

EU9IJN1もつなげることが出来ます。

このメリットは

出力を補うアシスト機能で

EU9IJN1に対して起動電力が足りない場合に

一時的に5秒間アシストしてくれます。

つまり900W+500Wとなり起動電力が

1400Wまでサポートしてくれます。

同じようなモデルにEU9IJN3が

有りますがエントリーモデルでは 

使えませんので注意が必要です。

これを覚えておけば災害時にも

役立つと思います。

活用方法の幅が広いのが

リベイドE500のメリットです。

そして世界のホンダ安心の国産です。

E500のデメリットはどうしても

「出力が少ない」ことと

国内生産のため安価な輸入モデルに

比べて出力のに対して価格が割高です。

後はバッテリー残量が数字ではなく

インジゲーター式なので

vanlife-diyポータブル電源
残量表示はインジゲーター式

大体の減り方しかわかりません。

ジャックリーJVC-BN-RB5C

ジャックリーとケンウッド共同開発モデルで

JVC Powered by Jackery

共同開発モデルの日本国内専用仕様で

ジャックリーはアメリカの会社ですが

共同開発モデルの為

国産メーカー保証でサポートも安心です。

ジャックリーJVC-BN-RB5C

定格出力で500W

最大1000Wまで可能です。

このアドバンテージは大きいです。

起動電力を必要とする機器に

幅広く対応できます。

100Vだけでなく車中泊でDC12Vの

カー用品電源が使用できるのもメリットです。

BN-RB5Cは販売終了となり

2022年モデルチェンジBN-RB62Cとなり

出力はそのまま容量がアップしてます。

もし大出力が必要でしたら

JVC-BN-RB10Cであれば定格出力で

1000W最大2000Wまで可能です。

BN-RB10Cはこちらから探せます。

ジャックリーJVC-BN-RB37C

3.6㎏と一番軽量でコンパクト

定格200W最大出力400W

ホンダE500よりスペックは下となりますが

BN-RB5C と同様に3WAY電源に対応しています。

リアルタイムに消費電力の表示と残量が

日本語で表示されるので初心者に方でも安心です。

まとめ

今回ご紹介したモデルであれば

どのモデルにしても

国内メーカー保証が付くので安心です。

値段だけで探すと

海外性がたくさん出回っており

信頼性の評価が難しくなってしまいます。

ポータブル電源選びは信頼のあるメーカを

今回ご紹介したモデルはすべて

純正正弦波で

「家庭用コンセントと同じ電源」

この反対で海外製のモデルでは

疑似正弦波

を使用しているモデルも多く

短形波のブロックをさらに細かくして

より正弦波に近づけてはいますが

正弦波の様に滑らかな波形ではないので

特にマイコンを搭載した家電機器を使用した

時に場合によっては使用出来なかったり最悪

壊してしまう可能性も有ります。

ポータブル電源を選ぶ際は

必ず「純正正弦波」を選びましょう!

金額の目安は100Wあたり1万円が目安です。

ですので500Wクラスであれば

5万円前後で有れば買いでしょう。

あなたの使い方にあった

ポータブル電源を選び楽しい車中泊

バンライフを送りましょう。

きっと便利で手放せない物となりますよ!

公式サイトは定期的にキャンペーンしていて

公式サイトが一番お得です!

持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】

最後まで読んで下さり有難うございました。


2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました