車中泊で使う車載冷蔵庫の選び方コンプレッサー式とペルチェ式の違い

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
vanlife-diy冷蔵庫 車中泊グッズ・アイテム紹介
スポンサーリンク

車中泊を始めたあなたが旅先でのお土産に

要冷蔵や要冷凍ものを買おうと思ったけど

既に一晩経過している為クーラーバックの

氷は溶けていて役に立たない。

まだ帰りもそれなりの時間がかかる・・・

そんな時

車載用冷蔵庫があったらいいな」

なんて思ったことは有りませんか?

車載式コンプレッサー式冷蔵庫は有ると便利

車載用冷蔵庫があれば安心して

要冷蔵や用冷凍のお土産が買えちゃいます。

アイスや生ものだって可能。

ただ一口に冷蔵庫と言っても、実際には冷凍まで対応していない機種もあるので、冷蔵庫選びは重要です。

冷蔵庫には種類があり大きく分けると「2種類」

コンプレッサー式とペルチェ式が有ります。

ここではその車載用冷蔵庫の種類の説明と

選び方についてご紹介させていただきます。

保温性についてはどちらの方式も、さほど差はありませんが保冷機能については大きな差があります。

この記事を読むことによって、あなたにピッタリな「車載冷蔵庫の構造の違いと選び方」が分かるようになります

私は自分でも愛用しているコンプレッサー式が、おススメですがその理由もあわせてご説明します。

コンプレッサー式冷蔵庫とは

コンプレッサー式は「家庭用冷蔵庫と同じ方式」

冷媒をモーターで動かし気化熱の原理を

利用した冷却システムです。

本格的に冷やしたい冷凍までしたい方には

こちらの車載用冷蔵庫がおススメです。

車内の温度に影響されにくく

保冷ではなくきちんと冷蔵が出来ます。

冷凍温度は-20℃以上が目安です。

これぐらいの能力があれば

夏場でもきちんと使えますよ!

コンプレッサー式冷蔵庫は冷凍も可能

ペルチェ式冷蔵庫とは

ペルチェ式とはペルチェ素子という

電子を利用して冷却します。

ペルチェ素子は電流を流すと熱を吸い上げて

放出する性質を持っていて熱が移動する為

冷蔵庫内が冷やされますこれを

「ペルチェ効果」と呼びます

とにかく小型で省スペースで設置が出来ます。

冷蔵というより保冷という

目的で有ればおススメです。

ペルチェ式冷蔵庫

コンプレッサー式のメリット

コンプレッサー式のメリットは外気の影響を受けず、とにかく冷える

冷却能力はコンプレッサー式の方が断然上です。

熱交換の効率が良くよく冷え更に省エネです。

冷蔵から冷凍までしっかり対応可能です。

小型から大型まで幅広くラインナップが有りますが

しかし構造上容量のわりにサイズが大きいので

購入前に寸法を確認しておくことをおススメします。

マイナス20℃と冷凍能力が非常に高いモデルです。

ペルチェ式メリット

ペルチェ式のメリットはファンの音がしますが

コンプレッサーやモーターが無いので

作動音が静かなことです。

環境にやさしく冷媒を使用していないので

フロンガスが発生しません

容量は20L以下の小型のものがメインとなります。

比較的安価で小型そして省スペースにも対応しています。

コンプレッサー式デメリット

コンプレッサー式のデメリットは

冷媒をモーターで動かす為

どうしてもモーター音と振動が発生してしまいます。

構造上小さくても8Lから9L位のものが最小ですが

それでも同容量のペルチェ式より大きくかさばります。

逆を言えば大きな容量も可能で

20L以上にも対応できます。

ペルチェ式のデメリット

ペルチェ式のデメリットは冷却効率が悪く

冷えるまで時間がかかるので

多くの電気を消費してしまいます。

冷却能力に限界があり

冷凍まで対応するのは難しいです。

外気に左右されるので特に夏場では

「全然冷えない」なんてことになるかもしれません。

理由はペルチェ素子が熱を発するからです。

この熱を逃がすのに排熱ファンが付いています。

内部を5度下げるのに排熱が15度上がる為

熱の交換効率が悪くなりがちで気温の高い

夏は特に影響を受けてしまうのです。

この様な理由からペルチェ式に関しては

あまり過度な期待せずあくまで

冷蔵ではなく保冷と考えた方が無難です。

冷蔵庫ではなく8L車載保冷庫の表示

まとめ

消費電力は同じに見えてもコンプレッサー式は

ON、OFFを繰り返し省エネです。

対してペルチェ式は基本的に

冷やしている間は常に稼働している為

多くの電力を消費してしまいます。

ペルチェ式は冷却能力が劣るので

稼働時間でカバーします。

一般的に外気温より15度下げるだけで

保冷といったイメージです。

対してコンプレッサー式は外気に左右されず

冷やす性能が格段に上なので旅先での

要冷凍のお土産も冷凍のまま持ち帰れます。

コンプレッサー式は冷凍も可能

このことから少量のものを

「ある程度冷やせればいい」

「あくまで保冷」

という目的であれば

ペルチェ式でもいいと思いますが

それなりの容量も欲しいし欲を言えば冷凍まで

したいのであれば絶対

コンプレッサー式がおススメです。

省スペースのコンプレッサー式が出ました。

車中泊の旅に冷蔵庫は食材を持ち出したり

持ち帰るのにとても便利です。

あなたの用途に合った冷蔵庫を選んで、楽しい車中泊バンライフを!

最後まで読んで下さりありがとうございます。

世界最速で充電可能なポータブル電源 【EcoFlow(エコフロー)】 公式通販サイト

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コメント

タイトルとURLをコピーしました