キャラバンの小窓に100均で揃う材料で車中泊用に簡易換気扇DIY

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
Vanlife-diyキャラバン小窓に簡易換気扇 キャラバンDIY
スポンサーリンク

車中泊での車中飯を作る際の換気扇、就寝時の冷気を入れたい又は冷気を逃がしたい・・・

車内に手軽に使える「換気扇」があったら便利だと思ったことはありませんか?

出来れば低コストで作りたい・・・

そんな換気扇を、100均で買える材料だけで作成してみました。

この記事を読むことによって、車中泊にあると便利な簡易換気扇が作れます。

家にある材料もあると思うので、実質的にもっと安く作れると思いますよ!

必要な部材

換気扇の作成方法についてご説明します。

準備したもの

  • ハンディファン(バッテリータイプ)
  • プラスチックまな板(プラ板で可)
  • インシュロック結束バンド(家にあったものを利用)
  • 針金のハンガー(7本入りでした)

全て100均で揃いますがハンディファンだけは770円でした。

(いきなり100円じゃなくてゴメンナサイ<m(__)m>)

最近は100円以外の物も置いてるんですよね・・・

トータルで1100円程度でした。

実際にハンディファンであれば、既に持っている人も多いのではないのでしょうか?

ハンディファンを持っているのであれば、流用しちゃいましょう!

もっと安く作成できます。

簡易換気扇の作成手順

まな板を16cm×30cmにカットします。

プラバンの代わりにまな板を使用

プラ板があれば尚可ですが、見当たらなかったので私はまな板を使いました。

カットした横幅16cmは小窓を開くと「カチッ」とロックがかかる位置になります。

長さは余裕があるのでもっと長くても可ですが、取付時に少し曲げたりするので余裕が必要です。

ファンの型を取ります

まな板をカットしたプラスチック板に、ハンディファンを載せ型を取りカッターでくり抜きます。

ハンディ部分の下はクリップ式になっていて、挟み込んで止めることができるので、クリップを残し切り取ります。

ハンディ部分は途中まで切り抜きます

ハンディファンをクリップで挟み込み、プラ板に千枚通しで穴を開け、ファン部分をインシュロックで固定。

ファン部分をインシュロックで固定

ハンガーをペンチで伸ばして一本の針金に戻します。

ハンガーで取付棒を作製

40cmにカットしたものを2本作製します。

あらかじめ先端キャップは、他のハンガーからも傷防止の被覆に使うので外しておきます。

棒にしたらキャップを取り付け

ハンガー1本で40cmの棒が2本取れます。

先端キャップを作製した2本の棒の両先端へ取付します。

(7本で100円だったので、他のハンガーから外せます。)

ハンガーを5カ所ずつインシュロックでプラ板に固定します。

簡易換気扇の完成です。

使用方法

取付は運転席側の小窓のレールにはめて使用します。

取付は小窓のレールを使用します

取付方法は、先に換気扇の脚を下のレールにハメ込みます。

簡易換気扇を取り付けた状態

その後に、上の針金を少し曲げながら上のレールにハメ込みます。

16cmの幅が小窓を開けた時、最初にロックがかかる位置で、この位置なら外にバイザーがあるので雨の日でも使用できます。

冷気をたくさん入れたい場合は、小窓を全開にします。

網戸の内側なので虫の侵入もありません。

換気扇はスライドして位置変更も可

簡易換気扇をスライドさせて、バイザーの内側でなく外側にすることで、ダイレクトに冷気を取り入れできます。

このハンディファンの風量は3段階調整が可能です。

バッテリー搭載なので1時間程度なら回せます。

長時間では携帯電話用のモバイルバッテリーを、つなぐことも可能です。

モバイルバッテリーで長時間の使用も可

簡易換気扇の脚に袋をぶら下げ、モバイルバッテリーを収納します。

LEDが付いていて色が変わりますが必要ありませんね・・・

LEDランプで色が変化していきます

リバーシブルで使えますので、冷気を取り入れたい時と車内の空気を排出したい時で反転させるだけです。

簡易換気扇を反転させました

実に簡単ですよね!

実際に稼働させている動画はこちらからご視聴できます。

リヤゲードバックドアフック取付

効率よく使うには車中泊ではリヤのバックドアを少し開いた状態で固定する便利グッズ、「リヤゲートバックドアフック」を利用し空気を取り入れ、簡易換気扇を稼働し小窓から空気を排出できるようにすれば、車内の換気もスムーズに行えます。

バックドアフック(オグショーESボーンバー)はこちらから購入できます。

キャラバンにも取り付け可能です。(完全なロックはできません。外から外せるので付けたまま車から離れることはおすすめしません)

感想とまとめ

気になる換気能力はそれほど高くはありませんが、無いよりは全然良いです。

実際に簡易換気扇を使用した感想は、車内で車中飯をした後も、作りながら換気扇を回していれば、調理後の臭い残りも少なくなりました。

換気扇で車中飯の臭い残りも軽減

真夏の車中泊は厳しいかもしれませんが、この簡易換気扇があれば真夏の雨天時や季節によっては多少暑苦しくても換気しながら睡眠も取れそうな気がします。

バックドアフックを使えば換気能力も上がるので、併用がおススメ。

そのうち車中泊で実験してみたいと思います。

簡易キャンパーであるキャラバンでは、キャンピングカーであれば当たり前の様に付いている装備はありませんので、DIYによって快適に仕上げていくしかありません。

しかし、そんな自分好みに仕上げていく楽しさがそこにあります。

さあ、あなたもキャラバン簡易キャンパーで楽しいバンライフ、車中泊をしてみませんか?

ご拝読ありがとうございました。

タイヤのスーパーセンター『タイヤ・ホイール カンパニー』中古タイヤの高品質商品を多数取り揃え!

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コメント

タイトルとURLをコピーしました