NV350キャラバン乗り心地改善1インチローダウンのすすめ

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
cargoods 車中泊グッズ・アイテム紹介
スポンサーリンク

私はキャラバンマルチベッド仕様で車中泊を趣味としています。

マルチベッド仕様はディーラーで購入可能な簡易キャンパー。

キャラバンはベースが商用車なので、乗り心地はあまりよくありません。

そんなことから、1インチローダウンをお考えのあなたにご提案です。

ノーマル車高のタイヤハウスの

「隙間が大きすぎて見た目がちょっと・・・」

「ロールが大きすぎて酔っちゃう・・・」

「あまり車高は落としたくないんだよね・・・」

「乗り心地の改善は可能?」

そもそも1インチくらいで何か変わるの?

色々な疑問が有り何をどうしたらいいのか

分からず困ってませんか?

そんなあなたには1インチの

「ちょい下げ」をおススメします。

実際は1インチローダウンでも

「見た目も結構変わりますよ!」

この記事を読むとキャラバンのローダウンの方法について知識と、オススメのダウンブロックが分かります。

1インチローダウンのススメ

なぜ『1インチローダウン』

疑問が出ると思います。

1インチだけでそんなに変わるの?

実際に見た目も腰高感が解消され結構変わりますよ!

「乗り心地も改善したい」

「ちょい下げでいいんだよね」

という方には必見です。

ローダウン前のキャラバン

ノーマル車高、ローダウン前のキャラバン

1インチローダウン後

1インチローダウン後のキャラバン

いかかがでしょうか?

タイヤハウスの隙間が異なります。

どっしりとしたイメージになり

1インチローダウンでも、見た目も結構変わると思いませんか?

ローダウンの方法について


NV350キャラバンローダウン方法は、リヤのリーフスプリング部分にローダウンブロックを取付けすることにより行います。

黄丸にハイトダウンサポーター/赤丸にダウンブロックを装着します

ダウンブロックの取り扱いのある

メーカーは「日産純正」では存在しません。

社外品となりますが、様々な取り扱いメーカーがあります。

ダウンブロック取り扱いメーカー

  • ムーンフェイス(玄武)
  • リムコーポレーション(Rim)
  • オグショー(OGUshow)
  • ブリング(Body Line)
  • プロット(DOG FIGHTER)
  • ユーアイビーグル(Ui-vehicle)
  • ワールドコーポレーション(WORLD)


「社外メーカー」が、ダウンブロックを販売しております。

ダウン量が1インチ、つまり25mmから設定のあるメーカーや、30mmからの設定だったりとメーカーによって各社に違いがあります。

その中から私は玄武(Genb)のダウンブロックキットを選択しました。

玄武1インチローダウンキット

ダウン量は1インチのローダウンキットです。

玄武ダウンブロックにはピンが付いていて、ダウン量に応じたホーシング位置を同時に補正します。

ホーシング位置とは、ーフスプリング特有の問題で、車高を下げることによって左右どちらかにホイールがズレてしまう症状で、精度の甘いダウンブロックではこのズレが発生してしまいます。

玄武ダウンブロックはピンでホーシング位置を補正してくれます

その点この玄武ローダウンキットであれば、試験成績書も同梱されており安心です。

商品はこちらからも探せます。

ローダウンの注意点

ローダウンはダウン量により

ダウンブロックの他に交換部品が必要で

交換推奨部品が異なります。

  • 1インチ~1.5インチ程度であれば、ダウンブロック+ハイトダウンサポーターで十分。
  • 2インチ以上だと、バンプラバーやプロポーショニングバルブのブラケットが必要。
  • 3インチ以上のローダウンとなると、燃料ホースにホーシングが干渉してしまうため、別売品のハイマウントフューエルホースが必要。

フロントもスタビライザーの補正ブロックや

アジャスタブルスタビリング(ねじれ補正)等

下げれば下げるほど補正部品が必要となります。

玄武1インチローダウンキット

ダウン量はこのブロックの厚みで決まります。

つまり1インチ(25.4mm)です。

様々なアフターパーツが出回っているため

逆に言えば、こだわる人にとっては細かく

調整が出来て自分好みの車高に出来ますが

私のようなビギナーにはハードルが高く

足回りは複雑なバランスから

成り立っておりますので

その修正及び補正作業が大変と思う方には

過度なローダウン(ヘビーロワード)は

おススメしません。

なぜ1インチがおすすめか?その理由

1インチダウンブロックを取付けした後

青いゴムクッションも交換しました。

これがハイトダウンサポーターという部品で

リヤのリーフ部分の両端に取り付けます。

黄丸がハイトダウンサポーターで赤丸がダウンブロック取付後写真

ハイトダウンサポーター、ヘルパースプリングの作動ポイントを最適化する部品です。

基本2ヶ入りなので1台分では2セット必要。

貨物車は何枚ものリーフスプリングで構成されており、その最下段に位置する

ヘルパーリーフが作動することで

積載重量に応じてレートアップを

図っていますが通常乗用車として使っている

場合の空積載時は唐突にヘルパーリーフが

作動してしまい突き上げ感

発生してしまいがちです。

そこで純正よりも薄型く柔らかい

低反発の特殊シリコンパッドで出来ている

このハイトダウンサポーターに交換

することにより作動時のショックを

軽減し薄型がもたらすスムーズなレート変化に

対応し安定した乗り心地となります。

vanlifediy-diyキャラバン1インチローダウン
1インチダウンブロックを装着

つまり、商用車独特の固い突き上げ感のある乗り心地も、1インチローダウンにより改善されちゃいます!

リーフの両端につけるので片側2か所

左右で計4か所同時交換がおススメです。

これだけでも5mmダウンするので

今回1インチローダウンの

ダウンブロックと合わせて

合計で約30mmのダウン量となります。

基本貨物車のローダウンは

40mmまでなら構造変更は不要ですので

そのまま車検に通せます。

これが私が1インチローダウンを、おすすめする最大の理由です。

1.5インチのダウンブロック(38mm)

も40mm以内ということで人気商品ですが

「ここが盲点です。」

これにハイトダウンサポーターを装着すると、38mm+5mmで43mmとなってしまい40mmを超えてしまいます

場合によっては車検に影響してしまう可能性があるので注意が必要です。

つまり元に戻すか、構造変更が必要となる場合が有ります。

(実際には検査員の判断にもよりますので、必ず通らないと言う訳ではありません。)

フロントの車高の落とし方

キャラバンでは、フロントはトーションバーという最近では珍しい構造で、フロント足回り下のダブルナットを緩めるだけで、簡単に車高が下がります。

トーションバーとは現在のコイル式のサスペンションとは違い、最近のクルマにはあまり使われなくなりましたが、正式には「トーションバースプリング」と言い、棒状のままネジレを使用したスプリングとなります。

バネそのものが「ネジレる」ことによって、タイヤからサスペンションに入る力を吸収する構造で、見た目はただの長い棒にしか見えませんが、コイルのサスペンションと役目は変わりません。

cargoods
フロントはこのダブルナットを緩めるだけ

簡単に言うと純正車高調」ですね。


リヤに合わせて30mm強ローダウンしました。

1インチローダウンだけでも

腰高感が解消し低重心となり

ロールも抑えられます。

ハイトダウンサポーターのおかげで

スムーズなレート変化が行われているので

乗り心地も純正に比べ格段に良いです。

ローダウンまとめ

日常の街乗りを考えると

1インチローダウンがベストです。

私はファミリーカーとして利用してるので

この車高なら車止めにも擦ることもありません。

1インチローダウンなら車止めも安心です

ノーマル車高との比較をタイヤハウスの隙間で行うと・・・

地面からフェンダーアーチまでの高さが

  • ノーマル車高:790mm
  • 1インチローダウン:760mm
ノーマル車高ではフェンダーアーチまで790mm

つまり【30mm】ダウンされています。

1インチローダウン車ではフェンダーアーチまで760mm

この数値は私のクルマでの実測ですが、キャラバンであっても必ずしも全て同じではなく、計測方法や場所、車両個体差によって差があります。

数値はあくまで参考程度のものとして下さい。

分かりやすく説明するための補足資料です。

特にタイヤハウスの隙間は計測が難しいので、メジャーを当てがった目視での数値です。

ノーマル車高では

タイヤハウスの隙き間は710mmから790mmまでの【80mm】

1インチローダウン車では

タイヤハウスの隙間は710mmから760mmまでの【50mm】

という数値になります。

やはりこちらも【30mm】ローダウンになってますね!

個人的には、この位が「丁度良い」と思っております。

以下が今回交換した部品です。

1インチローダウンキット交換後

ハイトダウンサポーターは、リーフの両端に付いてるので全部で4個交換しました。

元が商用車(貨物)つまり、荷物を積むというセッティングとなっているので、今回のこの部品交換により、セッティングが変わり突き上げ感も無くなり、乗用車に近い乗り心地に改善されました。

車高も落ちたことにより乗り降りもし易くなりました。

高速道路での安定性も向上します。

玄武さんはもとより

各社ダウン量により様々な

メニューがありますので

専門ショップで相談すると良いでしょう。

試験成績書は積んでおきましょう

そして中に同梱されている成績証明書を、必ず車内に積んでおきましょう。

Uボルトが社外品のため、部材強度の証明になります。

場合によっては車検時に、証明を求められるケースもあります。

走行の安全にかかわる部品ですので中古では、このような書類が同梱されていない場合もあり、また信頼あるメーカーかどうかも分かりませんので、あまりおススメできません

交換は信頼できるショップへ

ダウンブロック選びは、やはり信頼できるメーカーが良いと思いますよ!

ローダウンで快適な乗り心地を手に入れ、楽しい「バンライフ」、「車中泊ライフ」をしていきましょう。

ご拝読ありがとうございました。

玄武1インチダウンブロックはこちらから探せます。

玄武ハイトダウンサポーターはこちらから探せます。

(ハイトダウンサポーターは2ヶ入りなので1台分は2セット必要です。)

低費用で確実な退職代行【退職代行ガーディアン】

最近の投稿一覧

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました