子供と一緒に冬の車中泊に使える寝袋(シュラフ)の選び方

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
vanlife-diy寝袋 車中泊グッズ・アイテム紹介
スポンサーリンク

冬の車中泊をしていて

「夜寒くて眠れなかった」

なんて思いでは有りませんか?

寝袋で車中泊冬は冬用のシュラフで

特に朝方はグッと冷え込むんですよね!

冬の車中泊には寒さをしのぐための寝袋

つまりシュラフの準備は必須です。

今回はNV350キャラバンで車中泊をしている

私が冬の車中泊に使える寝袋の

選び方をご紹介します。

寝袋には種類があり代表的なもので

封筒型とマミー型が有ります。

家族構成や使用方法により選び方が

異なりますので詳しく説明します。

この記事を読む寝袋(シュラフ)への理解が深まります。

封筒型

封筒型寝袋(シュラフ)とはまさに

長方形の封筒形寝袋の事でその形が「封筒」

から頭を出して寝るスタイルとなります。

私は子供の頃にボーイスカウトに所属していて

キャンプやアウトドアを学びました。

当時の寝袋は毛布を二つ折りにし足元と

側面を縫って袋にした簡易的な封筒型寝袋でした。

さすがに真冬のキャンプは室内でしたが

とても寒かった記憶があります。

これが私の封筒型寝袋のルーツで

今の既製品の寝袋ではチャックが付いていて

封筒にする事も出来ますし

広げてマットにもなります。

小さなお子様と一緒の車中泊なら

封筒型がおススメです!

チャックを使って連結が出来るので

大きな寝袋で川の字に寝ることが出来ます。

この機能には子供は特に喜びます。

なので購入するとき連結可能かどうかも

チェックが必要です。

LOGOS(ロゴス)などが有名なブランドです。

マミー型

マミー型寝袋(シュラフ)とは

この寝袋の寝姿がミイラに似ていることから

ミイラを意味する(Mummy)マミー型

と言われるようになりました。

気密性が高く頭と肩も包み体にフィット

寒冷地での使用で有れば断然おススメです。

保温力も収納性も封筒型に比べ

マミー型は優れています。

更に化繊素材よりダウン素材の方が

よりコンパクトです。

私も若い時バイクでソロツーリングを

していたころはこのマミー型を使用していました。

とにかく荷物をコンパクトにしたかったので

重宝しておりました。

頭まで包むので寒さに強く野宿も可能でした。

車中泊・オートキャンプ用品の販促プログラム

選び方

価格もピンキリで素材が化学繊維のものと

ダウン(羽毛)素材のものが有ります。

やはり化学繊維よりダウン素材の方が

金額も高くなりますが温かく軽量です。

春・夏・秋(3シーズン)用と

春・夏・秋・冬(4シーズン)用が

有り冬用にはダウン素材がおススメです。

ダウン(羽毛)素材で有ればマイナス10℃以上

にも対応できる物も有りこれは

冬の雪山でも使えるほどです。

その分高価になりますが性能は高く

軽量コンパクトです。

ダウンでマミー型が一番寒冷地に強いので

状況によってはこの選択も有りです。

車中泊で使用であれば3シーズン用でも

ある程度は大丈夫ですが極寒地や本格的な

雪山やスキー場では機能不足かもしれません。

封筒型のデメリット

封筒型のデメリットは布団感覚で使えるのですが

その構造上肩が出ていたりフィット性は無いので

保温性や密閉性などが劣ります。

しかし最近の封筒型は進化していてフード部分が

付いているものも一部有ります。

このタイプは連結の際にL、Rとチャックの

向きに適合が有るので注意が必要です。

アウトドアブランド【KingCamp】公式オンラインストア

マミー型のデメリット

マミー型のデメリットはフィット性は、いいのですが人によっては圧迫感を感じてしまうかもしれません。

また手が出せないのが不満な方もいましたが

最近では手が出せるように改良された物も有ります。

寝る前にスマホをいじりたい人は

こちらの商品がおススメです。

まとめ

寝袋のお手入れについては基本的に

洗濯できるものが多く洗濯機がダメでも

手洗い可能で中性洗剤で丸洗いできます。

車中泊での使用であれば今回説明した

封筒型、マミー型どちらの選択も有りですが

車中泊の条件によってはこまで高性能でなく

安価な物でもある程度は使用出来ます。

例えば下に銀マットを敷いたり暖かい恰好で

靴下も履いて寝れば割と大丈夫ですよ。

子供向けのマミー型シュラフも有りますが

小さなお子さんだとパパやママと一緒の

シュラフに寝たがるのでやはり

封筒型がおススメです。

しかし冬の車中泊で肩が出てしまうと寒いので

半てんを着せるのが効果的です。

シュラフで寝るのってなんかワクワクしますよね!

子供ならなおさらテンションMAXです。

理想を言えば冬の車中泊なら

ポータブル電源があればよりベストです。

ポータブル電源BN-RB62Cはこちらからも探せます。

ポータブル電源で電気式毛布が使えますので

3シーズン用でも十分です。

それこそ寝袋に入らず上に布団代わりに

掛けるだけでも暖かさが全然違います。

車中泊であればこの組み合わせが理想ですが

それぞれの使用方法があるので

その使用条件により決めていけばよいでしょう。

車内にシュラフを積んでおきましょう

あなたもぜひ子供と一緒に快適な寝袋で

楽しい車中泊バンライフを送りましょう。

ご拝読ありがとうございました。

アウトドアブランド【KingCamp】公式オンラインストア

持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました