妻と一緒に車中泊【道の駅ちちぶ】100円グッズでご飯を炊いてみた

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
vanlifediy-diy道の駅ちちぶ 車中泊グッズ・アイテム紹介
スポンサーリンク

今回の車中泊場所は秩父の玄関口

【道の駅ちちぶ】

「妻と一緒に車中泊シリーズ」第2弾です。

テーマは「ちちぶの水」を使い100円ショップで買った「ご飯が炊ける袋」でご飯を炊いて「秩父コロッケ」を食べる。

というテーマを実行してきました。

炊飯器が無くてもご飯が炊ける便利グッズで、本当に炊くことができましたよ!

どんな風に炊き上がったのかもレビューします。

この記事を読むことによって、道の駅ちちぶの様子や100円グッズで炊いた車中飯の様子が分かります。

道の駅 ちちぶ

名称道の駅 ちちぶ
所在地埼玉県秩父市大宮4625番地
TEL0494-21-2266
駐車場普通車用81台  障害者用2台  大型車用12台
売店営業時間 9時30分から17時30分
定休日  年末年始
道の駅ちちぶ

地域の物産館やおみやげ屋にレストラン「秩父食堂」があり、敷地内には無料で飲める美味しい「ちちぶの水」があります。

道の駅ちちぶは楽しい道の駅

外の売店では小昼飯本舗ではB級グルメの秩父コロッケが有名

麺処青野では寄居町の人気ラーメンが食べられます。

メニューは「鶏醤油ラーメン」「鶏塩ラーメン」

麺処青野のラーメンも有名

腸詰屋ちちぶ店では美味しい焼きソーセージが食べれます。

その他、秩父名産品の干し芋やハチミツも直売しておりました。

道の駅ちちぶへのアクセス

秩父は埼玉県の北西部に位置し、高速道路からだと関越道花園インターチェンジから国道140号線を使い35㎞の場所にあります。

圏央道鶴ヶ島インターチェンジからですと国道299号線を使い40㎞の場所。

また、雁坂トンネルを利用することで、山梨県側からのアクセスも可能。

道の駅ちちぶは、国道299号と国道140号と交わる交差点から、数百メートルの位置にあり、国道140号線沿いにある道の駅です。

秩父羊山公園

また道の駅ちちぶは、秩父羊山公園にも近く観光ついでにもアクセス抜群の道の駅です。

羊山公園の観光名所「芝桜」が有名で4月下旬からゴールデンウイークが見頃で、芝桜まつりが開催され賑わいます。

2023年 羊山公園の芝桜

芝桜まつりが開催される芝桜の丘は、羊山公園の一角にあり17,600㎡の広大な敷地に、10種類40万株以上の芝桜が植えられています。

芝桜の品種は?

  • 紅音(あかね)
  • アメージンググレース
  • オーキントンブルーアイ
  • エメラルドクッション
  • オータムローズ
  • スカーレットフレーム
  • 多摩の流れ
  • モンブラン
  • リトルドット
  • マックダニエルクッション

通常は無料開放されている公園ですが、期間中は入園料と駐車場料金が発生します。

名称秩父羊山公園 芝生の丘
所在地埼玉県秩父市大宮6360番地
TEL0494-25-5209(秩父市役所観光課)
駐車場普通車300台  
駐車可能時間 7時00分から17時00分
入園料一般300円 中学生以下無料(期間中のみ)
駐車場料金普通車500円 二輪車200円 (期間中のみ)
芝桜まつり期間の秩父羊山公園

実は秩父は東京からですと山梨県より近いので、東京から最も近い芝桜が見れる観光名所。

もちろん芝桜だけでも十分ですが、公園内には桜も1000本植えられてますので、こちらも見ごたえ充分。

羊山公園は30ヘクタールもの敷地面積があり、園内には武甲山資料館やアスレチックのあるわんぱく広場、ふれあい牧場では羊を見ることができます。

2023芝桜まつりが開催されます。

芝桜の丘は2023年の開催は4月14日(金)から5月7日(日)までとなります。

2023年4月22日に芝桜まつりを見に行ってきました。詳しい記事はこちらからご覧になれます。

冬の車中泊に必要なもの

  1. ポータブル電源
  2. 電気敷毛布
  3. 冬用シュラフ(オールシーズン用で可)
シュラフは冬用のシュラフを使用しましょう

冬の車中泊では、ポータブル電源と電気敷毛布は必須です。

冬の車中泊にポータブル電源と電気敷毛布

ポータブル電源は、一日程度の車中泊であれば500Wクラスで十分ですよ!

これにシュラフがあれば何とかなります。

3シーズン用のシュラフでは、冬に対応していません。

オールシーズン若しくは冬用を使用しましょう。

今回も朝方近くに到着し、仮眠程度の車中泊でしたが、冷える朝でも、この3セットがあったので快適に過ごせました。

電気敷毛布は、ベッド全体が覆える大判サイズがおススメです。

標準サイズは140×80cmが一般的ですが、一人用で車中泊には小さすぎます。

しかし冬はバッテリーの消耗が激しいので注意が必要です。

思った以上に、電気が消耗してしまいます。

毛布の使用だけで、ポータブル電源の電気が40%消費されていました。

それでもトラベルクッカーで、朝ごはんを作る分の電気は充分残っています。

60%の残量表示

100円グッズでご飯を炊いてみた

今回の車中飯は、いつもの炊飯器ではなく100円ショップで見つけた「ご飯が炊ける袋」を使い、ごはん炊きに挑戦。

100円グッズ「ご飯が炊ける袋」

袋が4枚入っており1袋で

  • 1/2合(茶わん一杯分)
  • 2/3合(どんぶり一杯分)

が作れます。

妻と私で米1合を1/2ずつ袋に入れて作ってみました。

茶わん一杯ずつです。

ご飯の炊き方

トラベルクッカーを使いお湯を沸騰させます。(お湯の量は、特に指定はありませんが800㎖位にしました「ちちぶの水」を使用)

沸騰したお湯に、「ご飯が炊ける袋」に取り分けた米を入れ15分~20分ほど湯炊きます。(先に流水で袋ごともみ洗いしておくと良いです)

炊飯の様子はこちらの動画でもご覧になれます

ご飯が炊ける袋を沸騰したお湯へ

湯炊きが終わったらお湯を捨てた後、フタをして20分蒸らします。(蓋が無かったので、皿を蓋代わりにしました)

20分蒸らしたら完成

蒸らしている時間を使い、ご飯のおかずにするための「秩父コロッケ」を売店に買いに行きました。

売店で秩父コロッケを購入

充分に蒸らしたら、袋からご飯を取り出し容器に移し完成

お湯でご飯が炊けました

気になるレビューは・・・

芯も残らず、一応ご飯が炊けました。

食べた感想は・・・

味や食感は正直、炊飯器で炊いたご飯の方が美味しいです。

どちらかというと「お粥」に近い食感です。

無理もありません。

この商品、水の分量が指定されてないのです。

お粥っぽくなってしまうのは芯が残ってしまうといけないので、多めの水で炊いたためです。

しかし、ギリギリを攻めては、ごはんがお湯を吸収した時点で、米へのお湯が足りなくなる可能性がある。

水分が足りなくなると芯が残ってしまう恐れもあります。

時間にすると、お湯を沸かすのに20分以上かかってしまっているので、トータル1時間ちょっとの時間が必要

しかし炊飯器も何もない状態であれば最悪、お湯さえ沸かせればご飯を炊くことができます。

このような方法は、非常時には役立ので、知っておいて損はないと思います。

調理や湯沸かしに便利な「YAZAWA」トラベルクッカーは、こちらからも購入可能。

秩父コロッケでご飯を食べる

外にある売店、小昼飯本舗でB級グルメの秩父コロッケを、「炊き立てごはん」のおかずとして購入しました。

わりと大きなコロッケなので、一個で十分かな?

と思いながら購入しました。

秩父コロッケ値段は250円です。

秩父コロッケを購入

その場で食べられるようにソースを渡してくれます。

しかし、私のクルマにもソースを準備してあり、ごはんと一緒に食べたかったので、食べる直前にかけることにします。

妻と半分に分けたコロッケにキャベツを添えて、ごはんを付けたらコロッケ定食の完成です。

秩父コロッケ定食の完成

コロッケの味はコショウが利いていて、ソースをかけなくても味がしっかりと付いています

ごはんに合い、とっても美味しかったです。

多すぎると思ったコロッケですが、美味しいので女性の方でも一個、食べれそうな感じでしたよ!

秩父コロッケはご飯がすすむ美味しさ

現地で買ったコロッケを、クルマの中で炊いた温かいごはんで食べる!

これこそ簡易キャンパーならではの楽しみ方で、車中飯の醍醐味です。

そして、デザートは中の物産館の売店で購入した「いちご大福」。

妻と二人で違う種類の物を買ってみました。

デザートに「いちご大福」

パックに入っている方は「こしあん」でしたが、包装紙に包まれている方は、「つぶあん」でしたよ!いちごの酸味とあんこの甘さが程よく、美味しく頂きました。

世界最速で充電可能なポータブル電源 【EcoFlow(エコフロー)】 公式通販サイト

お土産に買った干し芋

外の売店で購入した干し芋ですが、これもまた美味しかったです。

道の駅ちちぶで買った干し芋

妻が興味を示したところ、売店のおばあさんが楽しい人で色々説明してくれました。

干し芋は「やわらかい芋」と「かたい芋」があり、袋入りの物も買えます。

好きな芋をオーダー可能で、どんな風にも選ばしてもらえます。

妻は、やわらかい芋を中心に選んでおりました。

芋は一つ一つ形も違うのでそんな作業もまた楽しく

「冷凍保存もできるからね」

と教わりました。

干し芋の値段は、350円と500円と1000円から量によって選べます。

おばあさんとの会話が楽しく1000円を2袋買いました。

他に落花生もありこっちは350円と500円から選べますよ!

干し芋は家に帰って早速食べました。

何も付けなくても、もちろん甘くて美味しいです。

アレンジレシピ干し芋と醤油マヨネーズ

アレンジレシピとしてオーブンで温めてからマヨネーズと醤油を和えたタレをつけて食べると、一層美味しいですよ。

まとめ

今回の車中飯では、いつもの炊飯器ではなく、お湯を沸かして「ご飯が炊ける袋」を使いご飯を炊いてみました。

よほどの事情が無い限り、炊飯器で炊いた方が早くておいしいです。

この炊飯器は消費電力も200Wと省電力なので電気もあまり消費しません。

トラベルクッカーの方が、かえってポータブル電源の電気を多く消費してしまいます。

「ご飯が炊ける袋」はカセットコンロと鍋であれば、良い組み合わせかも知れませんね・・・時間もそこまでかからないと思います。

道の駅ちちぶは、水も美味しく魅力がいっぱい、売店が多いので食べ歩きもできます。

直売の野菜も安く新鮮です。

ちちぶ食堂はレトロな雰囲気

今回来たのが冬のため寒かったので断念した、「黒ゴマ・ソフトクリーム」

妻は「夏にまたここに来て食べたいね」と言っておりました。

道の駅ちちぶは目を引くものがいっぱい

そんな道の駅ちちぶは、女性目線から見てもまた来たいと思える楽しい道の駅です。

世界最速で充電可能なポータブル電源 【EcoFlow(エコフロー)】 公式通販サイト

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました