【アドセンスads.txt警告】ワードプレスブログでミックスホストに設定

スポンサーリンク
※ご覧いただきありがとうございます。当ブログでは商品・リンク先にプロモーションが含まれていることをご了承ください。
vanlifediy-diyキャラバン車中泊ブログでミックスホスト 簡易キャンパー・お役立ち情報
スポンサーリンク

 

私はワードプレス(Word press)の個人ブログでキャラバンでのバンライフや車中泊の情報を発信しております。

Googleのアドセンス審査合格後に「一安心」したのもつかの間Google AdSenseのホーム画面に何だか怖い警告が・・・

mixhost

【要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。】

こんな表示が出たらびっくりしますよね!

対処方法も分からず戸惑います。

「実は私もそうでした(笑)」

この記事を読むことによって、主にワードプレスで個人ブログを運営している方にとって、対処方法を知ることができる有益な記事内容となっていますので是非最後までご覧ください。

また、レンタルサーバーは「ミックスホスト」を使用しているため、ミックスホスト利用者向けの内容となっていることを、ご了承ください。

ワードプレスを使いミックスホストでブログを始める手順の記事はこちらの記事で詳しく紹介してます

ads.txtとは?

ads.txtについて調べるとads.txtファイルは、不正な広告の表示とそれによって収益が悪意のある第三者に流れてしまうことを防ぎ、その分サイト運営者の収益を増やしてくれる役割を持っているそう・・・

その方法は、ads.txtファイルがサイトのルートディレクトリにアップロードされている必要があります。

「何のこと?」

実際私は半年ほど放置しておりましたが、徐々にブログのアクセス数も増えていくと同時に収益も増加してきたことを機に

【収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルを修正してください。】

という問題を思い出し、この問題について対処することにしました。

実行してみると意外と簡単だったので、是非参考にしてください。

ads.txt のファイルの作成方法


収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルを修正してください。

の画面表示で「今すぐ修正」をクリックします。

mixhost

ads.txtファイルのダウンロードを開始。

ダウンロードした内容

完成したダウンロードファイルを「メモ帳」にコピーしデスクトップに置く

メモ帳にコピー

ファイル名は任意で適当な「ads」等の名前を付けときます。

mixhostにアップロード

レンタルサーバサイトへads.txtファイルをアップロードする手順

mixhost

ミックホストにログインします。

ファイルマネージャーを選択

ログイン後コントロールパネルのファイルマネージャーを開きます。

wwwをwクリック

WWWを選択し「ダブルクリック」

mixhost

アップロードします。

ファイル選択の画面で先ほど作成のディスクトップに置いた「メモ帳」を選択します。

adsファイルが追加され完成します。

警告文が消えるには数日かかりますが

確認方法はあります。

ブラウザでご自分のURLの後ろに/ads.txtを入力すると

mixhost

「google.com, pub-****************, DIRECT, f08c47fec0942fa0」

このような表示がされれば認識されていると判断できます。

リソース拡張自在のクラウド型レンタルサーバー

ads.txtで販売者を宣言するメリット

ads.txtは認証デジタル販売者を宣言するためのテキストファイル。


世界各国の広告関連企業が加盟している、非営利の団体【IAB Tech Lab】という研究組織が展開し進める、「広告の透明性を目指す」取り組みです。

不正取引を防止し、適正な広告配信をすることを目的で誕生したのがads.txt / app-ads.txtです。

adsは、認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の略で、ブログにads.txtファイルを設置することで、ブログ運営者は認定デジタル販売者を宣言することができます。

認定デジタル販売者を導入することで、なりすまし(これをアドフラウドといいます)による広告主の出費を抑えることにより広告収入減を減らすという広告主側、ブログ運営者側双方にメリットが大きくあります。

まとめ

いかがでしたか?

Googleは、ads.txtの設置は必須ではありませんが、ここまで話してきたような理由から、ads.txtの設置を推奨している実情があります。

つまり、ads.txtがあれば「ここは安心の本物のサイト」ですよ!

と案内できるからです。

しかし残念ながらads.txtを作成したと言っても、すべての広告主が偽サイトに騙されずに済むという訳ではありません。

今のところ、その「騙される可能性を減らすことはできますよ」と言ったところです。

将来的にはads.txtの重要度は高まるのは確かですが、ワードプレス等でのルートドメインに設置するファイルなので独自サイト以外のアフィリエイトサイトの無料ブログでは設置はできません。

ルートドメインとは、サブドメインもサブディレクトリもないドメインのことを指します。

個人ブログで独自ドメインを取った場合はシンプルな○○○.comとか〇〇〇.orgといったドメインのこと。

  • サブドメインとは〇の前に何かしらの名称「×××○○○.com」
  • サブディレクトリとは「.comの後ろに×××」を付けたサイトを指します。

アフィリエイトサイトの無料ブログ等はこういった形態のURLとなります。

このようなドメインはルートドメインにはならずads.txtを作成することはできません。

今後は個人ブログで収益化を考えているのであれば本格的にブログを収益化するのであれば、無料ブログを利用したサイトではこういった意味でも難しくなっていきますね・・・

ブログで収益化を目指すのであれば最低限、月額料は発生しますがレンタルサーバーと契約しルートドメインを取得した方が得策です。

月額968円からの高性能クラウド型レンタルサーバー

ワードプレスはブログ作成ツールには最適で、無料で使うことができます。

難しい初期設定もmixhost(ミックスホスト)であればワードプレスとの連携設定が簡単な操作で行えますし、月額料金も安く、私も愛用しているおススメレンタルサーバーです。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コメント

タイトルとURLをコピーしました