スポンサーリンク
NV350車中泊blog

ミニバンからの乗り換え簡易キャンパーNV350キャラバンについて

キャラバンはファミリーカーになるの?以前は私自身ミニバンに乗っていて家族で車中泊を楽しんでおりました。乗用車からバンへの乗換えに対しての抵抗はご本人だけでなくご家族の不安もあると思います。実際に乗換えをした私の意見を是非参考にして頂たいと思います。車中泊初心者の方は必見ですよ!
バンライフ・車中泊・道の駅

息子と二人旅【道の駅こすげ】で車中泊と「フォレストアドベンチャー体験」

久々の【息子と一緒に車中泊】シリーズの舞台「道の駅こすげ」は本格アスレチックが併設された道の駅。車中泊や温泉も楽しめます。車中飯は500Wクラスのポータブル電源と12Vのタケルくん炊飯器を使いご飯を炊きました。1.5合炊きの水の量は300㎖が目安となります。春の肌寒い朝方も電気敷毛布があれば快適でおススメ。
キャラバンDIY

キャラバンの後付けLEDフォグランプは【H11規格】水滴の原因と対策

社外品は保証対象外!キャラバンのフォグランプをハロゲンからLEDに替えて2年経過した所で、フォグランプ水滴問題が発生しました。ディーラーに確認しましたが、社外品を付けてしまっては補償の対象外とのこと。仕方なく自分で原因を確認し対処しましたのでその様子をお伝えします。社外品にはやはり、いざという時保証が無い「覚悟」が必要です!
NV350車中泊blog

車中泊におススメ電源は「ポータブル発電機orポータブル電源」どっちを選ぶ?

私ズナスケの愛車はキャラバンマルチベッド仕様。車中泊を趣味としています。あなたは車中泊での電源確保として何を利用しようと考えていますか?持ち運びできる電気には、ポータブル発電機とポータブル電源があります。車中泊という目的であれば、私はポータブル電源の方をおススメします。車中泊や車中飯にはポータブル電源は必須。電源を持ち運べる魅力を存分に味わえるアイテムです。
バンライフ・車中泊・道の駅

「道の駅はが」は【温泉併設】で車中泊にもおすすめ!理想の駐車場条件とは?

私ズナスケの愛車はキャラバンマルチベッド仕様。道の駅での車中泊場所選びの条件が私には3つあります。ここは私の条件を満たした道の駅。栃木県に来たら「道の駅はが」で車中泊は温泉併設なので、おすすめです。車中飯は500Wクラスのポータブル電源を使い省電力の200Wの炊飯器で炊き込みご飯。この組み合わせが最強です!比較的のんびりできるのでおススメな道の駅。宇都宮駅も近いので餃子三昧も可能。
簡易キャンパー・お役立ち情報

【道の駅ろまんちっく村】で車中泊「宇都宮動物園」割引をお得にゲットする方法

宇都宮動物園はインターネット等でみても割引クーポンが見つかりません。宇都宮動物園でお得に遊ぶなら先に「道の駅ろまんちっく村」に立ち寄りましょう。ここの温泉施設「アグリスパ」で割り引きチケットがゲットできます。宇都宮動物園の入場チケットが1500円→1200円で買えるのでお買い得!ズナスケおすすめコースです。
簡易キャンパー・お役立ち情報

新車から【3年乗って分かった】キャラバンとミニバンの維持費の比較

私はミニバンからキャラバンに乗り替え3年が経ちました。商用車と乗用車では車検のサイクルが違うので、実際にかかる維持費って分か分かりづらいのです。そこで実際にキャラバンとセレナを乗り継いだ私が実体験に基づき、キャラバンとセレナの維持費を比較してみたいと思います。ディーラーで点検パックを利用しての比較となります。
バンライフ・車中泊・道の駅

キャラバンで【あしがくぼの氷柱】とポータブル電源で【おしるこ車中飯】の旅

埼玉県秩父郡にある「道の駅あしがくぼ」は夏はバーベキューがあり、冬はあしがくぼの氷柱があり、一年中楽しめる道の駅。今回はあしがくぼの氷柱を見てきたのでシェアしたいと思います。ここ秩父には「ちちぶ三大氷柱」が期間限定ですが楽しめます。夜にはライトアップもされているので幻想的な風景を体感することができます。アクセスは芦ヶ久保駅から徒歩でも行けますし、クルマ出来て道の駅あしがくぼに駐車も可能です。
簡易キャンパー・お役立ち情報

【新雪走行体験】キャラバンに履けるオールシーズンタイヤの種類と走破性

私は愛車キャラバンにネクセンNブルーオールシーズンタイヤを履いて3年目となりました。オールシーズンタイヤのメリットデメリットは?どんな人に向いているの?実際に走れるの?様々な疑問があると思います。今ではたくさんのラインナップがあり選択可能。キャラバンやハイエースといった商用車にバン用オールシーズンタイヤを検討している方は必見です。
NV350車中泊blog

【箱車大好き】キャラバン「愛」ハイエースとの比較と車中泊の魅力について

ハイエースやキャラバンは一般的に箱車(ハコ車)と呼ばれています。箱車は商用車ですが、自家用車としても使えます。趣味色の強いクルマで、私の愛車は簡易キャンパーであるキャラバンマルチベッド仕様で車中泊を趣味としています。スキーやキャンプにも楽しい箱車の代表格であるハイエースとキャラバンを比較しながら車中泊の魅力をご紹介
簡易キャンパー・お役立ち情報

「こんなはずじゃなかった」ミニバンからキャラバン乗換え【覚悟すべき】5つのこと

キャラバンは所詮バンです。ミニバンのような乗用車ではありません。しかし、遊び心満載の楽しいクルマ。ミニバンとキャラバンは全く違う乗り物という認識が必要です。私はC27セレナからキャラバンへ乗り換えをした経験があり、乗り味の違う双方を、覚悟すべき5つのことという見解でご紹介します。特に乗換えには奥様の理解が必要なので、そのような視点から維持費も含め検証させていただきます。あなたの後悔しない乗換えの助けになれば幸いです。
スポンサーリンク